金亀台ページトップ

金亀台について

現屋台は天保12年に完成。
先代屋台は安永5年建造の古文書があり、いずれも当町最古のもの。
ゴブラン織りで厚手の純金糸を折り込んだ見事な「双龍図」。
四方のヘリは、テレフテン生地、裏地はインド更紗の貴重な物です。

屋台蔵の場所はこちら

トップへ戻る