清曜台ページトップ

清曜台について

下組と分離の際に改名(旧扇子台)。
清曜とは清く輝くという意味で、華やかな中にも清楚を感じる屋台です。
現在のものは地元古川の工匠上谷彦次郎により8年間の歳月をかけて完成したもの
極彩色の牡丹は蜂谷理八の傑作。

屋台蔵の場所はこちら

トップへ戻る