三番叟台ページトップ

三番叟台について

明治37年の古川大火により大部分を焼失。
現存するのは、女三番叟の人形と猩々緋大幕のみ。
平成21年、台車を新調(工匠水尻晴雄)し、台名旗を棒持三番叟台として参加しています。

屋台蔵の場所はこちら

トップへ戻る